マッシュルームの無人島 | ロックアイランド・パラオ

● ロックアイランドの楽しみ方

フィリッピンの東750kmにあり、200の島から構成される国、パラオ。

そのうち人が住んでいるのは9の島だけで、それ以外は全て無人島。

無人島はロックアイランドと呼ばれ、隆起珊瑚からできていますが、長年の波による侵食で海面付近がくびれ、あたかもマッシュルームのような形となっている、珍しい景観の島々です。

気候は、年間を通じて高温多湿。

乾季が11月~5月、雨季は6月~10月。

雨が降ると海が濁るので、乾季に訪れるのがいいです。

● ロックアイランドへの行き方

成田から旧首都コロールまで直行便がある。

成田からコロールが5時間。

● ロックアイランドのおすすめ

おすすめのスポット、まずはミルキーウエイ。

ロックアイランドの一角に、そこだけ色の違う海があります。

乳白色に染まった海岸で、泥パックが楽しめます。

ジェリーフィッシュレイクでは、毒性の少ないクラゲと遊泳ができます。

ガルメアウス島は、ロックアイランド周辺ツアーでは必ず立ち寄る海に浮かんだ公園。

干潮時にのみ姿を現すロングビーチは、自然の作り出す神秘の砂浜。

マンタに会えるジャーマンチャネルでのダイビング。

星型のカープ島でBBQランチなどなど、おすすめスポットがいっぱいです。

● ロックアイランドワンポイント

ともかくロックアイランドを巡るツアーしかありません。

2日では周り足りないと思うでしょう。

コロールでは、ショッピングや食事も楽しめるが、ここは半日もあれば十分。

直行便のほか、グアム経由便もあるので、延泊できるならグアムに滞在、ショッピングはこっちに任せたほうがいいかも。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。