地球最後の楽園 | ロロアタ島・パプアニューギニア

● ロロアタ島の楽しみ方

600の島から構成され、その面積は日本の1.2倍のパプアニューギニア。

南太平洋赤道直下のニューギニア島は、グリーンランド次ぐ世界第二位の島で、東西二つの国が存在しています。

西はインドネシア、東がパプアニューギニア。

その首都ポートモレスビーの南東部パプア湾に浮かぶのが、地球最後の楽園と言われるロロアタ島。

年間を通じて最高気温が30度を越える真夏の島。

雨季と乾季の差があまりないので一年中がシーズンですが、海の状態のいい11月~4月がベストシーズン。

● ロロアタ島への行き方

成田からは、直行便が飛んでいるが週一便しかありません。

その飛行日程に合わせて滞在日数を決めるか、またはオーストラリアのケアンズ経由でポートモレスビーへ行くかのルートになります。

成田からポートモレスビーは7時間。

成田からケアンズだと7時間半。

ケアンズからポートモレスビーが約2時間。

ポートモレスビーからロロアタ島までが、車と船で40分です。

● ロロアタ島のおすすめ

ロロアタ島では、ダイビングに挑戦したい。

体験ダイビングが充実しているので講習を受けて世界有数のスポットへGO!

もちろん極彩色の海でのシュノーケリングも楽しいですよ。

また、内陸にはワラビーなどの有袋類や極楽鳥を見ることのできるトレッキングもあります。

● ロロアタ島ワンポイント

ロロアタ島だけでなくポートモレスビー市内を観光するのもいいでしょう。

パプアニューギニアの先住民に会ったり、この国固有の動植物に会ったり国会議事堂やホテル外を巡る市内ツアーもあるのですが、治安があまりよくないのでガイドが同行するツアーに申し込むこと必須です。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。