水上コテージと言えば | ボラボラ島・タヒチ

● ボラボラ島(タヒチ)の楽しみ方

南太平洋に点在する118の島からなる仏領ポリネシア・タヒチ。

その玄関口のパペーテは、離島への拠点となる都市。

豊富なショッピングスポットやアクティビティが揃います。

しかし、パペーテのタヒチ島には白い砂浜はありません。

タヒチ島の北西260kmのところにあるのが、南太平洋の真珠と呼ばれているボラボラ島。

常夏の島なので一年中泳げます。

4月~11月が乾季、12月~3月が雨季。

4月~11月がハイシーズンだが、混むんです。

● ボラボラ島(タヒチ)への行き方

成田からパペーテまでは直行便で11時間半。

パペーテからボラボラ島は1時間。

成田から飛行機は、毎日飛んでいるわけではないので便により日程が変わってきます。

● ボラボラ島(タヒチ)のおすすめ

ボラボラ島では、水上コテージでのんびりというのが最高。

アクティビティはシュノーケリングか潜水艦での水中散歩、高台から絶景を望むなど。

というか、孤島なのでそれ以外にはありません。

● ボラボラ島(タヒチ)ワンポイント

タヒチの名産は黒真珠。

パペーテでのショッピングでは是非見てみたいところです。

飛行機の便の関係で、延泊するには+2日が必要になります。

延泊できるなら離島ツアーがいいです。

パペーテからフェリーで行けるモーレア島または飛行機で行くランギロア島がおすすめ。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。