島巡りが魅力 | ガラパゴス諸島

● ガラパゴス諸島の楽しみ方

エクアドルより西約900キロメートルにあり、大小多くの島と岩礁からなるのがガラパゴス諸島です。

現在ガラパゴス諸島のの123の島に名前が付いています。

最も北のダルウィン島と南のエスパニョラ島の間は220キロメートル離れています。

海洋保護区も含め世界遺産にも登録された諸島。

赤道直下に位置するため、一年中気温の変化がありません。

泳ぎたい場合は、水温が高い12月から5月がおすすめです。

● ガラパゴス諸島への行き方

日本からは、まずアメリカの都市を経由して、エクアドルのキトへ向かいます。

キトからガラパゴス諸島の玄関口バルトラ島までは、国内線でグアヤキルを経由して行くことになります。

成田からアトランタが12時間、アトランタからキトが5時間半。キトからバルトラ島は3時間半。

● ガラパゴス諸島のおすすめ

ガラパゴス諸島は海洋島であり、大陸と陸続きになった歴史を持ちません。

そのため在来の生物は、飛来したか海を渡って漂着したものの子孫に限られます。

また、多くの固有種が見られることが多いのです。

島ごとに魅力の違うため、島巡りは必須です。

島巡りには、客船で周遊(クルーズ)しながら巡るものと、一つのホテルに滞在しながら巡るものがありますが、クルーズのほうが効率よく島を周れます。その分費用は高いです。

次に代表的な島と生物を紹介しておきますと、

サンタクルス島:ウミガメ、ウミイグアナ

ノースセイモア島:オオグンカンドリ、アメリカグンカンドリ
         アオアシカツオドリ、イグアナ、アシカ

バルトロメ島:ガラパゴスペンギン、ウミイグアナ

● ガラパゴス諸島ワンポイント

エクアドルの首都キト観光も経由地あり延泊することもできますが、キトはあまり治安がよくないので、行くなら注意です。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。