無料ばかりのワシントンには飲食店がない

ホワイトハウスがあることで有名なワシントンですが、ここはお金をかけずに観光ができるとってもいい場所です。わたしは4月に日本から送られた桜を見にワシントンに行きました。

4月の第二週に満開になっており、たくさんの観光客が来ていました。日本みたいにシートを広げてお弁当を食べるのではなく、みんな桜と写真をとったり、歩きながら写真をとったりしていました。近くでは凧をあげている人も何人かいました。子供たちの歌やダンスも行われていました。

少し歩くと、リンカーンの大きな建物がありました。大きなリンカーンが、座っている像がありお土産も売られていました。

またそこから少し歩くと、キング牧師の像がありました。その他平和のための有名な方の言葉がたくさん並べられていました。

またそこから少し歩くと無料の博物館がたくさんあるエリアにたどり着きます。宇宙がテーマの博物館や動物の博物館、アートの博物館、アメリカの歴史の博物館などかなり立派な博物館にすべて無料で入ることができます。

すべて英語で説明が書いてありますが、展示物を見るだけでも十分楽しめます。お土産も充実していて、博物館によってはカフェのあるところもありますが、営業時間が短いのが難点です。また入り口は荷物の検査も厳重に行われており、人気の博物館だと並ばないと入れません。

私がおすすめの博物館はアートの博物館です。以前イタリアにいったときのアートのレプリカも多く飾られており、一つ一つのアートの間隔が保たれているので、お客さんでこみあうこともありませんし、静かにじっくりとみることもできます。

ホワイトハウスは遠くから見ましたが、大頭領見たさか、観光客がたくさん群がっていました。

夜、ごはんを食べようと飲食店を探してあるいていたのですが、全くといっていいほど、飲食店がありませんでした。

よくある、薬局もなかったし、コンビニもマクドナルドもバーガーキングもウェンディーズもありませんでした。ぐるなびのような、イェルプというサイトでも探したのですが、それでも見つかりませんでした。

たまにあっても営業時間外で閉まっていたのですが、そんなに夜遅かったわけでもなかったので、どうやらワシントンは営業時間がどこも短いようでした。仕方ないので車でスーパーまでいきましたが、そんなに近くにはありませんでした。

ワシントンは路駐がたくさんいて、とても混雑していたので、車で近くまで来るよりは公共交通機関を利用することをおすすします。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。