ロサンゼルスでUberが大活躍

今回は彼と一緒に9月のシルバーウィークに有給を繋げ、3泊5日の旅行でした。

前回は女友達3人で5年ほど前に来ました。前回の旅行は女友達とだけあって、ユニバーサルスタジオやディズニーランド、ショッピングなどかなりハードなスケジュールでしたが、今回は彼と一緒なだけあり、ゆったりマイペースな旅行でした。

今回の旅行での目的は3つ。

まず1つ目はUber(ウーバー)を使うこと。Uberとはスマホアプリで個人ハイヤーを呼ぶようなサービスのことです。

日本ではまだまだ馴染みはないですが、アメリカではその市場規模はいまや数兆円と言われているらしいんです。LAXに着き、早速Uberアプリを起動してみると、空港の周りは10数台の登録されたハイヤーが。

ホテルの住所を入力し、依頼をかけると5分でハイヤーが到着。軽く挨拶を交わして、後は車に乗るだけ。住所を入力すれば地図で示してくれるので、英語を話せなくてもスムーズに使うことができる。料金も乗る前に表示されるので、なんとも便利!今回の旅行でも移動はずっとUberでした。

2つ目はユニバーサルスタジオ。前回も来たけど、彼と来るとまた別の感動がありますよね。

シンプソンズのハンバーガーショップでお昼を取り、メインのスタジオツアーに参加。実際に海外ドラマやハリウッド映画の撮影現場をバスに乗って巡るツアー。途中3Dグラスをかけ、事故現場に遭遇したり、キングコングが出てきたりと迫力満点。ディズニーランドも迷ったけど、こちらにして正解でした。彼も本場のスケールに圧倒されながら楽しんでいました。

最後の3つ目がロサンゼルスで食べるジャパニーズ割烹。

インスタグラムでたまたま見つけたのですが、オープンしてまだ日も浅かったようで、メディアにも取り上げられていました。

シェフは日本人ではなく、サンタモニカ出身の白人の方。フレンチを学んだ後、日本食と出会い、京都嵐山「吉兆」でも修行されていたとか。調べれば調べる程、食べてみたくなりロス最終日の19時に予約をしました。店内は驚くほどお洒落。お酒のメニューも豊富で日本酒ももちろん、料理に合うカクテルも目の前で作ってくれました。

頼んだのは湯葉入の冷製コーンスープとあんこうの竜田揚げ、カマスの燻製に〆は焼きおにぎり。日本人の作る割烹とは少し違い、独創的でしたが、どれもとっても美味しかったです。

他にも美術館に行ったり、メルローズやベニスビーチなどいろんな所に行きましたが、おすすめはこの3つです。ロスに行く機会があれば是非ためしてみてください。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。