10月のディズニーワールドは変なところです

新婚旅行でフロリダのディズニーワールドに行きました。名古屋から(セントレア)羽田へ行き、羽田からシカゴ、シカゴからフロリダへ25時間かかってようやく着きました!

ディズニーワールドへ着いて初めに思ったのは、オシャレな人がいないと言うことです。

アメリカ人のイメージは、めっちゃオシャレなイメージでした。行ってみると、10月に行ったってのもありみなさんTシャツ短パンサンダルでした。日本のディズニーでは、なかなか見かけない感じで、私たちは少し浮いていました。

次に驚いたのは、アトラクションです。日本では、濡れるものと言えば顔や上半身が少し濡れる程度、アメリカのはスケールが違ってまず乗る足元には、10センチくらい水があり靴を脱いで乗りました。そして、アトラクションを終えるとプールに入ったかのようにベタベタでした。もう笑うしかありませんでした。子ども達が、水着で乗っていた理由が分かりました。

次に驚いたのは、食事です。ハンバーガーを頼んだら、上からパン→目玉焼き→肉→チーズ→肉→ベーコン→パンでした。野菜は?トマトとかレタスが欲しい。大きさもデカくて、半分食べて気持ち悪くなりました。飲み物も、水か炭酸しかありません。

ディズニーワールドの中に、日本食が食べれるお店があったので、2日目にしてすでに食べに行きました。私たちは、お寿司が出てきた時なぜかホッとしました。凄く美味しかったとこを覚えています。周りを見てみると、お寿司をアメリカの人達は慣れない箸を使って食べていました。中には、フォークで食べている人も。イクラの軍艦巻きを、一粒ずつ食べている人やワサビをそのまま食べている人もいました。

次に驚いたのは、室内の温度です。10月なので暑かったのですが、バスの中やホテルやアトラクションの中は、冷蔵庫のように寒かったです。バスの中の温度計は10度でした。イスに座ると冷た過ぎてビックリ!でも、向こうの人達は普通の顔で乗ってました。夏でも長袖がいると思います。

10日間の間に、ユニバーサルにも行く事ができました。行ったのは、6年前ですが既にハリーポッターの世界がありました。ハリーポッターの大ファンだったので、凄く楽しかったです!日本のユニバーサルにも行きましたが、やっぱりアメリカのはスケールが違いました!子どもが大きくなったらまた行きたいです。

新婚旅行でディズニーワールドへ行って思った事は、次回行くときは長袖のシャツとお茶を持って行くってことを忘れない!って事かな。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。