冬のシアトルは雨・雨・雨

2013年から2014年に変わる大晦日のパーティーに参加するため、当時の彼氏と一緒にシアトルを訪れました。シアトルは冬の時期(10月頃~2月頃)はほぼ毎日雨が降る、雨の街として有名です。私が当時シアトルに滞在した間も、ずっと雨が降っていました。

驚いたことは、結構な量の雨が降っていても、ほとんどのローカルの人たちは傘をさしていませんでした。みんな厚手のコート(完全防水)でフードを被り歩いていました。

雨が多いシアトルのダウンタウンでは歩道に雨除けの屋根が付いているところが多いように思いました。なので、傘をさしていると、閉じたり開いたりと、面倒臭く、私もフード付きのコートを着ていけばよかったと後悔したのを覚えています。

シアトルで有名な観光スポット言えば、スターバックスの1号店があることで有名なパイクプレイスマーケットという市場です。生鮮食料品店やレストラン、お土産やさんなどが立ち並び、週末にはローカルの人でも賑わいます。湾に面したシアトルではシーフード料理のレストランが多く存在し、日本の海鮮料理とは違った、アメリカンな豪快なシーフード料理が楽しめます。

スターバックス1号店の前も通りましたが、お店は思っていたより狭く、外まで行列ができていたので入店は諦めました。

もう一つのシアトルのランドマークであるスペースニードルには、大晦日の夜に行きました。カウントダウンの花火がスペースニードルから打ち上がるということで、大晦日の夜はスペースニードル周辺はお祭り騒ぎになるのです。

私たちはカウントダウンまで近くのアイススケート場でスケートを楽しみ、バーでお酒を飲んで盛り上がりました。無事に花火を見終え、滞在先の友達の家へ歩いて帰ったのですが、目の前が見えないぐらい霧が濃くて迷子になりかけましたが、今ではそれもシアトルらしく思え、いい思い出です。

その後、縁あって、現在はシアトルに暮らしています。そして思ったことは、観光ならシアトルには絶対に夏に訪れるべきだということです。

夏のシアトルは最高です。天気も良く、気温も高すぎず、湾からの風も通るので避暑地としておすすめです。

シアトルはエメラルドシティと呼べれるほど、夏には綺麗に緑が生い茂ります。シアトルがあるワシントン州には有名な国立公園もいくつかあるので夏の時期の自然散策もおすすめです。

個人的にはシアトルのコーヒー文化が大好きです。有名なコーヒーチェーンから個小さい個人経営のお店まで、シアトルにはおいしいコーヒーが飲めるおしゃれなカフェが多く存在します。冬の時期に暖かい店内から雨を眺めながらゆっくりコーヒーを飲んでいると、それはそれで趣を感じることができます。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。