フェアバンクスのオーロラ観戦は100%運次第

私が大学生の時、同級生らと彼氏(現在の夫)を含む4人で、アラスカに行きました。目的は何と言ってもオーロラを見ることでした。

名古屋からアラスカ(フェアバンクス)まではとても遠い道のりで、名古屋→東京→シドニー→アンカレッジ→フェアバンクス、と、4回の乗り換えを必要とする移動でした。旅行をしたのは2月ごろでとても寒い時期なのですが、その年のアラスカはなぜかとても暖冬で、思ったほどの寒さではありませんでした。

オーロラを見るチャンスは3夜で、夜中暗くなってからの観測なので、実は昼間は暇な時間が多かったです。その時間には、犬ぞり・スノーモービルを行ったり、Hot Springで冷えた体を温めたり、割とのんびり過ごしていました。

夜中になると人が集まってきて、灯りのない観測場でみんなでオーロラが出るのを待ちます。この時間も割と暇なので、みんなで相撲をしたりして遊んでいました。結果、オーロラが見えたかというと…!!残念ながら、オーロラらしきものは見えませんでした。ぼやっと緑色に見えないこともない空のこともありましたが、イメージしているオーロラは出ておらず、それはとても残念でした。

しかし、オーロラは本当にタイミング次第らしく、私たちが到着する前日には3年に一度のオーロラが出ていたようで、ピンク色のオーロラのカーテンがゆらゆらゆれていたそうです。(緑色が一番見えやすいですが、赤系のオーロラは滅多に見えないそうです。また、オーロラが出てもカーテン状になるまでには時間を必要とし、そのような状態になる前に消えてしまうことも多いそうです)

残念な気持ちも大きいですが、アラスカはそれ以外にも魅力が沢山の場所でした。野生動物も多くいたり、寒い中での温泉は格別でした。氷で作られたバーの中で氷で作られたグラスでカクテルを飲んだり、旅先ならではの体験をたくさんすることができました。

行くまでには時間がめちゃくちゃかかり、滅多に行くことはできません。ですが、今度はもっとゆったり(できれば1週間以上の長い滞在で)のんびりした生活とオーロラ鑑賞をしたいと思います。

余談ではありますが、私たちは学生で旅行に行っていましたが、同じツアー客の中にハネムーンで来ている方々もいらっしゃいました。その方たちは目的のオーロラを見ることができず、とても残念そうに帰って行きました。ハネムーンなど一生に一度の機会の旅行は、運次第のオーロラ観戦旅行はちょっと考えた方が良いかもしれません。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。