グアムに行くならこれは気をつけよう

私は寒いのは苦手! あったかい部屋であんこう鍋つっついたり、暖炉のあるホテルでチョコレートホットドリンクを飲んだりする方が好きなので夏は海、冬はスキーではないのです。

旅行するならやっぱり暖かい所が良いかと沖縄とかを考えましたが。結構、旅費が高いんですよね。それならば羽田空港から約3時間、グアム島への海外旅行がオススメです。真冬でダウンジャケットを着て空港へ行くのですが向こうについたらもう、常夏。暑いんですよグアムは。すぐ半袖にならないとヤバイです。

冬に行くと夏服、冬服と荷物が嵩張るのが少々悩みの原因です。ちなみに私は向こうから帰ると日本の寒さに耐えられず。しばらく空港ラウンジから出られませんでした。

グアム島には特有の電力問題があります。まず先に言っておきますが。安いホテルは宿泊しない方が良いです。何故ならば、グアム島の発電所は一箇所しかなく電気供給が間に合わない事がしばしば、安いホテルだと電気供給が間に合わない場合、停電してしまうのです。

金曜日の夜は特に電気使用率が高く、安いホテルでは停電しっ放しでした。

ビーチ沿いにあるホテルは殆んど自家発電装置として設備が整っているので停電してもすぐ、予備電源に切り替え過ごす事ができます。停電中は当然クーラーも切れますので地獄でした。私は最初安ホテルに泊まり殆んど停電状態で5日間を過ごした苦い良い思い出です。

夜は外出は控えたほうがいいでしょう。

グアム島でも治安の良い地域、治安の悪い地域があります。スラム街など夜は近寄らない方がいいでしょう。あちらは銃社会です。どうしても出かけたいのなら止めはしませんが。ホールドアップされたらお金をスグ出せるように金銭はあまり持ち歩かず。金より命です。

それと、コンビニでの飲み物 キングサイズは禁物です!

向こうのセブンイレブンやマクドナルド ファーストフードなどはキングサイズというサイズがあります。日本語も通じるのですが、やはりアメリカという事もあり英語で注文を聞いてきます。大体はthis one! で行けますが ドリンクのサイズを聞かれた時には、日本より2倍は多いと思った方が良いですね。

何も知らない老夫婦がキングサイズ?と聞かれYESと答えてバケツみたいなコーラ二つ出てきたときは可哀想だったです。隣で食事をしていた外国人がクレイジー! HAHAHA!と笑ってました。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。