かなり寒い10月のバリー(オンタリオ州)

2013年の10月に修学旅行(語学研修)でカナダのオンタリオ州バリーに行きました。語学研修で、一人一人がホームステイをし、毎日カナダの高校に通いました。期間は10日間です。

ホームステイ先の家についてですが、家や周りの風景は私が思っていたTHE海外という感じで、レンガの歩道でメープルの木が立ち並んでいました。家自体はよく似た作りの家ばかりで、どの家も大きなガレージがあり鍵は番号を押して開けるものが多かったです。

私の部屋は2階だったのですが、そこから見渡すと多くの家に広い裏庭があり、そこにはトランポリンがありました。お風呂やトイレは各部屋に専用のものがありました。

次に学校についてです。学校は特に語学学校とかそういうわけではないのですが、留学生がたくさんいました。中国人、韓国人、フィリピン人、スイス人、日本人などなど。こんなにも国際化が進んでいるのか、と驚きました。生徒数が多いこともあり、学校はとても広く、よく迷ってしまいました。

お昼ご飯は広いホールのようなところで多くの学生がお弁当を食べていました。お弁当と言っても、サンドイッチだとか生野菜だとかりんごだとか。日本のお母さんが作るお弁当とはかなり違うものでした。(生の小さい人参はあまり日本人の口には合わないようです)

学校は土日が休みというところは日本と同じです。が、平日は下校がとても早いです。授業が少ない上に、部活などがないので3:00頃には家に帰っているのが普通でした。家に帰ってからホストファミリーと出かけることも多くありました。

土日は学校が休みということで、久しぶりに一緒にきたクラスの人たちとナイアガラの滝に行きました。ホストファミリーに「濡れるよ」と言われていたのですが、全く濡れませんでした(笑)カヌー体験があったのでそれを思ったのかもしれませんね。見るだけだと少し寒いくらいです。

ナイアガラの滝の周りはバリーとは少し違って、道には花がたくさん咲いていたり、馬車があったり、とても私が好きな街並みでした。

ナイアガラの滝の近くに商店街があるのですが、商品一つ一つにセンサーがついていてお金を払わずに持ち出すと音が鳴るという仕組みでした。(お金を払ったのにそれが鳴ったのでトラウマです)

お店がたくさんあるのでお土産を買うならそこでいろんなお店を見ながら買うのがいいかもしれません。その後みんなでモールへ買い物に行きました。これは日本のショッピングモールと大差ありません。ブランドのお店がたくさん並んでいる、という感じです。

10月のカナダはとても寒いです。最終日にはかなり雪が降っていました。毎日コートが欠かせません。ただ毎日降ったわけではないので、カナダの雪を楽しむならもう少し後がいいかもしれません。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。