ジャマイカ、ブルーマウンテン、ボブ・マリー、デヴォンハウス

2010年の7月に大学の同級生とジャマイカのキングストンに旅行に行った時の体験談です。

やはりジャマイカは暑くて蒸し暑い感じがしました。旅行の時の服装は半袖のシャツに短パンがマストだと思います。

私達が訪れたジャマイカの観光地の中でお勧めしたい場所がいくつかあります。まず一つ目はブルーマウンテンです。

ここは日本でもお馴染みのジョージアの缶コーヒーの名前にもある山です。ここは良質なコーヒー豆が収穫できる有名な場所で、私達が観光に行った日にも多くのコーヒー好き達が集まっていました。やはり空気が澄んでいるのですが、暖かい気温がコーヒーの栽培に適しているそうです。

ブルーマウンテンを見て感じたことは本当に綺麗な青色の山で日本では決して見れない風景が見れるので絶対にお勧めの場所です。

次に訪れた観光地はボブ・マリー博物館です。ジャマイカの有名人でレゲエを広めた第一人者の像が見れる場所です。私達もレゲエサークルをやっていたので、とてもこの博物館に来ることを楽しみにしていました。

博物館の中にはボブ・マリーの歴史が垣間見れるものがたくさんありました。少しでもレゲエがどうやって誕生したのかを知ることができるとても貴重な博物館ですので、ジャマイカに来たならば絶対に立ち寄るべき場所です。

最後に訪れた場所はデヴォンハウスという昔お金持ちが住んでいたお屋敷です。とてもジャマイカには似合わない豪邸が建っています。外からでもその屋敷の迫力は凄いのですが、お勧めはお屋敷ツアーというものができます。私達もそのツアーに参加したのですがデヴォンハウスの中に入れるのです。これは穴場のツアーなのであまり観光客の中でも知っている方は少ないと思います。

デヴォンハウスの中はやはり豪華なものが置いてありイギリスの貴族みたいな方が住んでいるのを想像したのですが、ジャマイカ人のお金持ちが住んでいたということで不思議な感じになりました。

このようにジャマイカの観光地はまだまだたくさんありますが、私達が訪れた観光地の中でこの3つは絶対にジャマイカに来たら行った方が良いと思います。

暖かい気温で少し疲れると思いますが、ジャマイカ人のフレンドリーな対応や優しい気遣いに感動した旅でした。ジャマイカへの旅行は家族旅行には適していないと思いますので、友人などと大勢で行くのがマストだと思います。治安は私達が旅行していてもそんなに悪くない印象でした。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。