リオデジャネイロは、ビーチとサッカー好きには最高の街

2016年の1月に、会社の仲間と冬休みの有休を使って、ブラジルのリオデジャネイロに行きました。

ブラジルは、平均気温が20℃を下回るということが滅多にないので1月に行きましたが、普通に半袖で旅行中は過ごせました。

リオデジャネイロに行ったらまずこれ、というものはやはり海とサッカーで決まりです。

私達が行った所はコパガバーナ地区という所で、真っ青な綺麗な海が見渡せたり泳げたりできる最高のロケーションでした。

コパガバーナにあるホテルは平均で1万円を少し越すくらいで泊まることができます。私達が泊まったホテルはアトランティコプライアというホテルで白い壁に木目調を基準としたシンプルな部屋ですが本当に綺麗でお勧めです。しかもビーチまで徒歩2分で行けてしまうので絶対ブラジルのリオデジャネイロに来たらコパガバーナ地区はお勧めです。

ブラジルは治安が物凄く悪く、犯罪に巻き込まれる危険性が極めて高いので、治安が悪い地区にはあまり近寄らない方が良いでしょう。私達が行ったコパガバーナ地区は、比較的治安が良く、安心して泳いだり、のんびりと休暇を満喫できると思います。

また、リオデジャネイロはもう少しでオリンピックが開かれるともあり、熱気があり色んなお店がありました。コパガバーナ地区にもシュラスコの店があったのですが、そこで食べる本場の味は本当に感動でした。

また、大のサッカー好きで、リオデジャネイロに来たらリオデジャネイロのクラブチームの試合を見に行きましたが、やはりテレビで見るよりもはるかに迫力が違いました。

特に印象的だったのは応援サポーター達の熱気でした。日本のサッカーサポーター達の熱気も凄いと思っていましたがそれを越えていました。一人一人が自分の生活をかけてまで応援するスタンスにびっくりしました。

やはりサッカー王国ともあり一人一人のサッカー選手のプレーが上手すぎました。本場のサッカーを見に行くならば絶対にリオデジャネイロに来るべきです。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。