6月のパリとベルサイユ宮殿

私は6月にパリへ旅行に行きました。この時期のパリは寒すぎず暑すぎず、とても過ごしやすく良い気候でしたが、一応朝晩は冷えることもありますので、羽織り物は一枚お持ちになると良いかなと思います。

パリへの旅行は初めてだったので、有名な観光スポットを中心に訪れました。やはりパリを訪れた際に欠かせないのは、エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りです。オシャレなお店も立ち並んでいますので、お散歩しながら観光するのが良いと思います。また、地下鉄も便利ですので、地下鉄も有効に利用されることをお勧め致します。

他に訪れたのは、ノートルダム大聖堂やルーブル美術館です。ルーブル美術館に関しては、かなり広く作品も多いので、事前にガイドブックでどこにどんな作品があってどの順番で観てまわるのかなど、詳細を調べた上で計画を立てて行かれることをお勧め致します。

私はガイドブックで事前に調べて計画を立てて行ったにも関わらず、ルーブル美術館の中で迷ってしまいました。事前に調べて行かなければ、観るのに時間がかかり、迷うことは間違いなしです。時間を有効的に使い、自分の観たい作品を効率良く観て美術館内をまわりたいものです。

ルーブル美術館の近郊には、パリ本店のアンジェリーナというモンブランが有名なカフェもあります。こちらもお勧めですので、ぜひ訪れてほしいお店の1つです。

さて、私がパリで絶対に訪れてほしいと思う観光スポットは、ベルサイユ宮殿です。

ベルサイユ宮殿を訪れてとにかく感動しました。ベルサイユ宮殿内の鏡の間は素晴らしく美しいので、ぜひ観て頂きたいです!

ベルサイユ宮殿はパリの中心地から少し離れた場所にあります。色々な日帰りツアーなどもありますが、私は自分たちで電車に乗ってベルサイユ宮殿へ行きました。

日帰りツアーだと、午前中だけで効率良く観てまわり、お昼過ぎにはパリの中心地へ帰って来れるというツアーもありますが、そのツアーだとベルサイユ宮殿のみをさっと観てまわるツアーです。

しかし私は、ベルサイユ宮殿を訪れた際にはぜひ、ベルサイユ宮殿のみだけではなく、そのまわりのマリー・アントワネットの庭園やプチ・トリアノン宮殿、グラン・トリアノン宮殿も訪れてほしいと思います。マリー・アントワネットが過ごした村里には小動物などもいて、お散歩しているだけでとても癒されました!

ゆっくり観てまわると、ベルサイユ宮殿を訪れるだけで1日ほどかかりますが、とても感動し、癒されるお勧めの観光スポットなので、ぜひ訪れて頂きたいと思います!

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。