過ごしやすくて食事も美味しいバルセロナの8月

8月に家族でバルセロナのサクラダファミリアへ親子3人で見学ツアーへ行きました。

フリーのツアーだったので、現地では自分達で企画を立てたり、オプショナルツアーを申し込んでバスツアーへ参加するなど、楽しい時間を過ごすことができました。

ツアー時期は夏ですが、日本はジメッとして過ごしにくく感じますが、スペインはカラッとしているので過ごしやすく、ベタつき感がない気候なのでジメジメしないですし、とてもびっくりしました。ただし、日差しが強いので、サングラス無しで出歩くのは少し辛いな~と感じ、旅行中はサングラスを購入して着用し、観光することにしました。

サクラダファミリアは、現地ツアーへ参加することにし、中を見学して回りました。まだ建設途中で、完成されていないので説明など詳しくあったのでサクラダファミリアのことや、設計者のガウディについての話もとても興味深いものがありました。

グエル協会は迫力があり、ゴシック建築物としても歴史あるものです。

サクラダファミリアの頂上へエレベーターを利用して行けるツアーがありましたが、参加できる時間帯も決まっていますし、子供がいるのでお腹も空いていたので、そのツアーには参加しないことにしました。

予約はサクラダファミリアの公式ホームページで出来、英語にて記載されているのでツアーへ参加する前に予約をすることができます。サクラダファミリアのツアーが終わったら、近くにあるマクドナルドでお昼ご飯を食べて、地下鉄に乗って街並みを散策することにしました。

また観光では、ガウディが建築したカサ・ミラなど色んな場所を見学し、グエル公園へバスで行ってバルセロナ市内を見渡すことができ、とてもキレイな風景で満喫できました。

ガウディが住んでいた住宅なども見学でき、快晴だったので気持ち良く過ごすことができました。

スペインは、とても過ごしやすい気候ですし、観光客も多い場所なので安心して観光めぐりをすることができます。食事もパエリアが美味しいお店をガイドブックで見つけていたので、そこへ行って食べることにしました。魚介類も美味しいので、魚介たっぷりのパエリアで満足でき、大人はサングリアを飲んで美味しく頂くことができ、満足できるます。お米を使ったパエリアは、日本人も好むので食事は十分楽しむことができました。

言葉に関しては英語は通じるので、外出する際にはスペイン語がわからなくても英語で大丈夫です。

シェアする

フォローする