オレンジの屋根とポートワイン:ポルト

友達と私の2人でポルトガルに旅行に行きました。9月のシルバーウィークを利用して、6泊6日でポルト・リスボンの2都市に行きました。リスボンはポルトガルの首都で、ポルトはリスボンに次ぐ2番目の都市です。

私はワインが大好きなので、ポルトの特産であるポートワインを飲むのを楽しみにポルトへ行きました。

ポルトへ行って感じたことは、街並みがきれいで、かわいい!!という感想です。石畳の道路にオレンジ色の屋根の家、路面電車、川、橋、海。とても素敵な街でした。ああ、ヨーロッパやな来たなという感じでした。

まず景色を見るのに良かった場所は、ドン・ルイス1世橋です。

ドン・ルイス1世橋は。ドウロ川という川に架かっている2階建ての橋です。下は自動車と歩行者が通ることができ、上は電車と歩行者が通ることができます。なんといっても上からの景色が最高です。

上は電車が走っていますが、日本のように頻繁に通るわけではなく、また、路面電車のようになっているので線路も歩くことができます。高さもあるのでスリルもあり、ドウロ川とその先の海を眺めることができます。

次に、景色が良かった場所はポルトの中心部からドン・ルイス1世橋を渡ってすぐ左手にある修道院です。

崖のようになっており、橋を渡り終えて少し歩いたところに崖を登る坂道があるのでそこを登っていくと修道院があり、開けた場所になっています。

この場所は橋よりもさらに高い場所なので、オレンジ屋根の街と橋、川、海を一望することができます。日中の晴れた青い空もきれいでしたが、夕焼けの赤い空もとてもきれいでした。

私がポルトに行った9月の末は日の入りは19時30分くらいでした。

夕焼けを見た後はワインです!

ポルトの中心部へ向かって橋を渡り、崖を降りると川沿いにはたくさんのレストランがあります。崖を降りるのに徒歩で歩いたのですが、暗くて少し危ない雰囲気だったので、日が落ちてからは崖をおりるロープウェイを使った方が良いと思いました。

ポートワインはポルトの特産なのでほとんどのレストランに置いてありました。ポートワインは食前・食後に飲むワインとされており、特に赤ワインは食後にデザート感覚で飲むもののようです。飲んだ感想としては、甘い!濃い!でした。ポートワインは味が濃く甘くて美味しいのですが、アルコール度数が高いので飲み過ぎには注意だと思いました。

レストランが並んでいる反対側の川沿いには、ポートワインのワインセラーが多く並んでいます。ポートワインを飲んで好きになったので次の日にワインセラーの見学に行こうと思いましたが、日曜日だったためか予約でいっぱいで入れませんでした。見学はできませんでしたが、ワインは買うことができたので良かったです。

シェアする

フォローする