観光地がいっぱいのモスクワ

2013年の冬にロシアのモスクワに新婚旅行に行きました。

ロシアは凄く寒いというイメージをしていたので、毛皮のコートにニットキャップ、ブーツも雪を歩く用途のしっかりしたやつを履いて行きました。

空港に到着すると、想像していた以上に寒くて、日本の寒さとは比べものにならないくらいでした。

私達が新婚旅行で行った観光地はまず赤の広場です。ここは日本でいう横浜の赤レンガみたいなところで、市場など色々買い物できる出店みたいなのがあり、ロシアの伝統的な料理からマニアックな食べ物まで売ってあったので非常に楽しかったです。

また冬のシーズンということもあり、赤の広場にはスケートリンクが作られており誰でもスケートリンクで滑ることができます。日本にもスケートリンクをよく広場などに作っていますが、桁違いにロシアの広場のスケートリンクはでかいです。これも冬ならではの風景で面白かったです。

次に向かったのはクレムリンというロシアのモスクワでは政治や軍事の中心で、ロシアの成功というものを象徴する建物が並んでいます。ロシアのモスクワに来たらここは絶対に外せません。

クレムリンのすぐ隣にある聖堂は、作りがカラフルで、最初はとてもロシアとは思えないくらいの感じで驚きでした。しかし、やはりクレムリンを全体的に見ると、カラフルと芸術の融合が美しいという印象でした。ロシアの歴史がたくさん詰まっている場所という印象でとても勉強になりましたし、ロシアの強さというのを感じることができました。

また穴場的な場所を発見しました。グム百貨店というところで、そこには現地の人達が買い物に訪れる場所で、やはりロシアならではのお土産、例えばマトリョーシカだったりチェブラーシカのグッズなど、珍しいお土産はここでしか売ってないものばかりでした。

色々なものが売っている中で、食べ物や飲み物も気に入ってしまい、本場のピロシキやビーフストロガノフなどを食べたのですが、どれも本当に美味しかったです。

飲み物はやはり寒い国ですので、ウォッカを数十種類くらい取り揃えており、日本ではないものばかりが並んでいて、珍しく思いウォッカを2~3本お土産として買いました。

ロシアに観光に来て思ったのが、陽気な性格で優しい人が多いなと思いました。日本人の優しさとは少し違いますが、どこか日本人に似たような部分もあるし、観光地を巡る旅に出会うロシア人はとても親切にしてくれたことは本当に感動しました。

モスクワには、冬に訪れるのもいいですよ。

シェアする

フォローする